乾いた洗濯物が溜まるようになった理由


近ごろ乾いた洗濯物をすぐにしまえなくなりました。ソファーの上にずっとかごがあるのが日常茶飯事に。

原因は明らかで、「きれいに畳むようにしたから」なんです。

お客様宅で洋服を畳む機会も多いので、スキルアップのために家でもやってみようと。そしたらこんなことになってしまいました(笑)

きれいに畳むには、服をひざの上やテーブルの上に置きたくなり、狭い洗面室よりリビングに出て作業をしたくなります。一旦かごに入れてソファーに置いたら、「またあとで」と結局そのままに。

以前は、浴室や乾燥機から出した衣類を立ったままサッと畳んでしまっていました。かごも使わず、リビングにも持ち出さず。
※洗面室に収納&一時置き場所があります

「ちょっとハードルを上げたらこんなに溜まるとは!」と新鮮な驚きです。

一日畳めないとまた翌日には倍増し、いっそう畳めなくなります。積み上がった洗濯物を見ると、とたんに「家事ができてない」「片づけられてない」というメッセージのように思えるのも実感でした。

というわけで…畳むのもだいぶ上達したことだし、私はそろそろ元通りハードルを下げようと思います(笑)

「洗濯物がしまえない」とお困りの方は、畳み方のこだわりを減らしたり、いっそのこと「畳まない」と決めてみるのもおすすめです。「どれくらい手を抜けばしまえるようになるか」ぜひお試しください!

年賀状を卒業しました


「年賀状は今年で最後にしよう」と思い立ち、昨年末その旨をお知らせする年賀状を出しました。

一番の理由は、仕事や用事が立てこみ、なかなか時間が取れなくて、「年賀状を作らねば」と繰り返し思うのに疲れてしまったから。

そんなときに、仕事の先輩から「年賀状を出すのをやめたよー」と聞き、私も思い切って手放してみようと思ったんです。

懐かしい友人知人の写真やメッセージを読むのは、お正月の楽しみの一つでしたが、今はSNSなどで近況を知らせ合うことはできるのでやってみようかなと。

ちなみに、夫や子どもたちはこれからも年賀状を続けます。
実家の母は孫たち直筆の年賀状を楽しみにしているはずなので、そこも変わらず。

数年後に「やっぱり復活しよう」と思うかもしれませんが、ひとまずは今年の年末にどんなふうに思うか試してみようと思います。

後日談はまたブログでご報告しますね。

ホームページとブログ移転のお知らせ・改めまして「不機嫌にならない暮らし」


2022年1月、明けましておめでとうございます。
ララデュアルのテヅカチサトです。

ララデュアルホームページとブログ「不機嫌にならない暮らし」は、当サイトに移行しました。

ブログを始めてからの6年で、小さかった子どもたちは、すっかりいっちょまえの小学生になりました。
私自身も40代になり、20年近く勤めた会社を退職し、ライフオーガナイザー®として独立することに。

関心ごとや悩みは年々変化していますが、‟不機嫌にならない”暮らしの仕組みづくりへの関心は尽きることがありません。

暮らしも身近な人たちとの関係もスムーズに進むことを知ってしまったから。
年齢を重ねて無理がきかなくなってくると、一層工夫が必要だから。

これからも‟不機嫌にならない”ための実験の日々を綴っていきたいと思います。

末永くおつき合いいただけるとうれしいです。