連休中日の夕ごはん、キャンプ気分で家事を減らす!


連休中日、いかがお過ごしですか?

わが家の小学生たちは、金曜日が卒業式で他の学年はお休みだったので、なんと4連休です。

特に遠出はしないので、おうちごはんが続きますが、「がんばらない」がモットーwww

今夜は子どもたちのリクエストに応えてカレーライスです。

夫はカツカレーが食べたいそうで、スーパーでトンカツを買って帰ってくれるそう。

私は買い物帰りに「3COINS」で紙皿木製のスプーンを仕入れてきました。

これにカツカレーを盛って冷蔵庫にあるトマトを添えて終わり。

紙皿だと洗う手間なし!

食後の食器洗いがイヤだなと思っても、いきなり食洗機導入は、ちょっとハードル高めですよね。

わが家は食洗機を使っていますが、予洗いしたりお皿を食洗機に並べたりと、労力ゼロとはいきません。

紙皿だとそのまま捨てれば片づけ完了。

毎日だとゴミを増やすことに少々抵抗ありますが、たまにならキャンプ気分でいいんじゃないかなと。

「食事の後片づけやめたいな」というとき、紙皿導入いかがでしょう?

ものを減らして手間を減らす。わが家の2代目コーヒードリッパー


夫婦揃ってコーヒー好きで、家ではドリップして飲んでいます。今日は久しぶりに買い替えたコーヒードリッパーを紹介しますね。

ペーパーレスコーヒーフィルターを使い始めたのが6年ほど前のこと。初代は「HARIO」の「カフェオールドリッパー」という商品でした。 >>>以前紹介したブログ

ペーパーフィルターがなくても、美味しいと思えるドリップコーヒーが飲める逸品です。何より、ペーパーを「買って」「収納して」「使って」「捨てて」という手間を全部手放せたのが画期的でした。

毎日ヘビーユースで6年、最近になってフィルターが破れそうで本体も劣化してきたので、取り替えることにしました。同じ商品でも良かったのですが、比べてみたくて2代目に迎えたのが「下村企販」の「珈琲考具フィルターレスドリッパー」です。


2つに部材が分かれる「HARIO」(左)と違って、脚部とフィルター部分が一体型なので、「洗うときにめんどくさくなさそう」なのが選んだ理由です。

思ったとおり、ほんとにちょっとしたことですが、洗うときも使うときも一体型がやっぱり楽ちんでした。フィルターのメッシュ部分が、「HARIO」がステンレス、「下村企販」がポリエステルと素材違いだからか、「下村企販」の方が残った粉をサッと洗い流せる印象です。その分味にも差があるんでしょうけど、私は正直気になりません(笑)

もう一つ「下村企販」のいいところは、脚の形状がカップを選ばないこと。小さなマグカップや細いボトルにも入れられるのが便利です。「HARIO」は直径7cm程度はほしいとカップを選びます。


ただ、同じ1~4杯用でも「下村企販」は「HARIO」より一回り小さいです。4杯分を入れるにはこぼさないよう少し気を遣うかも。一度に多く入れたい派には「HARIO」の方が安心感があります。


あとは6年使えた「HARIO」に比べて「下村企販」がが何年くらいもってくれるかでしょうか。それぞれ個性はありますがどちらもいい商品。「今改めてどちらを選ぶか」と問われたら迷ってしまいます。

何はともあれ、ペーパーレスコーヒードリッパーはこれからもわが家の定番。もうペーパーフィルターにほんの少しでも手間をかける暮らしには戻れなさそうです。

年賀状を卒業しました


「年賀状は今年で最後にしよう」と思い立ち、昨年末その旨をお知らせする年賀状を出しました。

一番の理由は、仕事や用事が立てこみ、なかなか時間が取れなくて、「年賀状を作らねば」と繰り返し思うのに疲れてしまったから。

そんなときに、仕事の先輩から「年賀状を出すのをやめたよー」と聞き、私も思い切って手放してみようと思ったんです。

懐かしい友人知人の写真やメッセージを読むのは、お正月の楽しみの一つでしたが、今はSNSなどで近況を知らせ合うことはできるのでやってみようかなと。

ちなみに、夫や子どもたちはこれからも年賀状を続けます。
実家の母は孫たち直筆の年賀状を楽しみにしているはずなので、そこも変わらず。

数年後に「やっぱり復活しよう」と思うかもしれませんが、ひとまずは今年の年末にどんなふうに思うか試してみようと思います。

後日談はまたブログでご報告しますね。